初めて参加される方へ

はまっこ農園にはじめてご参加くださる方に、私たちの行っている農法がどんなものなのか?
その概要をまず知っていただきたいと思います。また、有機農法との違いについても言及させていただきます。

それから、実際に体験塾がどのような流れで行われ、農作業の際にどのようなものを準備しておけばよいのか・・・などもご説明いたします。

秀明自然農法とは

秀明自然農法は岡田茂吉氏(1882~1955)が提唱した自然栽培法で、自然堆肥以外の些かの不純物も混ぜることなく、土を清浄化し、土自体の力を発揮させる農法です。この農法の理念は自然尊重、自然順応であり、清浄な土、自家採種された種子、生産者の作物への愛情と大地への感謝を大きな特徴としています。

秀明自然農法農産物と有機農法農産物の違い

秀明自然農法の農産物とは、清浄な土、自家採種を繰り返した清浄な種子、生産者の作物への愛情と大地への感謝のもとに栽培された農産物です。

一方、有機農法による農産物とは、次のいずれかを言います。

① 農業の自然循環機能を維持・増進するため、化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けることを基本として、土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させた、また農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培管理方法を採用した圃場において生産されたもの。

② 採取場(自生している農産物を採取する場所)において、採取場の生態系の維持に支障をきたさない方法により生産されたもの。

さらに、秀明自然農法農産物と有機農法農産物との主な違いを列挙してみましょう。

種子……秀明自然農法農産物に使用されている種子は、生産者が秀明自然農法による自家採種を2回以上繰り返した種子であり、肥毒や薬毒が抜けた清浄な種子です。
一方、有機農産物に使用されている種子は、有機栽培種子の場合もあれば市販の(農薬漬けの)種子の場合もあります。

肥料……秀明自然農法は基本的に肥料を使用しません(化学肥料は一切使用しません。土を温め、乾かさず、固めないことを目的として、落葉・雑草葉・作物残渣等からなる自然堆肥を使用します。また、同じ目的のために雑草等を敷き草として利用します)。
一方、有機農法農産物の場合は、化学肥料は使用しませんが、動物性の有機肥料を使用することがほとんどです。

農薬……秀明自然農法では農薬は一切使用しません。有機農法農産物では原則として農薬は使いませんが、やむを得ない理由がある場合にのみ使用できる農薬が数十種類存在します。

土壌……土は砂、シルト、粘土、無機物で構成される以上、植物が成長するための栄養が足りない土というものは、この地球上にあり得ません。既に栄養素が十分にある上に、さらに栄養素を投入する必要はないということです。
ただし、この天然の養分は植物が摂取しようとしてもできません。植物が栄養分を摂取できるようにするには微生物の力が必要になってきます。秀明自然農法の作物は根を土中に広く張りめぐらせ、作物の根に多様な土壌微生物が共生し活発に活動しています。
一方、有機農法の土壌では有機肥料の入れ過ぎで栄養過多な状態になっていたり、バランスが悪くなっているケースがみられます。

品質……秀明自然農法の野菜には、硝酸態窒素(ヒトの体内で還元され亜硝酸態窒素に変化すると、メトヘモグロビン血症や発ガン性物質であるニトロソ化合物の生成に関与するおそれがあるということが一部で指摘されている成分)は、ほとんど含まれていません。
一方、有機農法の野菜中の硝酸態窒素の数値は低いものから高いものまでさまざまで、慣行農法の野菜よりも高い数値を示す場合もあります(有機肥料の過剰施肥等が原因と考えられます)。

体験塾の流れ

①当日のタイムスケジュール、作業の概要について
②座学(DVDによる自然農法、食育、健康等の学習)
③クイズ(当日の農作業に関する実技的知識の習得)
④農作業(年間スケジュールによる)
⑤昼食(圃場で収穫した旬の野菜を中心としたメニュー、担当者から説明あり)
⑥アンケート、次回体験塾のお知らせなど
⑥分科会(栽培技術、食育、農作業ほか)

準備していただくもの

・農作業をしますので、汚れてもいい服装(長袖・長ズボン)
・手袋(軍手か園芸用ビニール手袋)
・長靴
・帽子(ツバ付きか麦わら帽子)
・タオル
・飲み物(水分補給のため)等のご準備をお願いします。

※体験塾は、はまっこ農園圃場(横浜市戸塚区俣野町)で行います。
※雨天決行です。雨天の場合はカッパをご用意下さい。
※終了時刻は、午後2時を予定しております。
※仮設トイレあります。

体験塾参加費

大人 800円(昼食込み)
子供 500円(昼食込み)

サブコンテンツ

このページの先頭へ