タネまき

種まきにはいろいろな方法があります。圃場の状況・気候・作物の種類などにより適切な方法を選択します。
夏野菜の場合は、作物の発芽・生育温度に対して外気温が低い時に種まきをするため、ハウス内で箱やポットに種まきをするのが一般的です。

以下の手順で行います。

①板などのコバやカドを利用して種をまく溝をつくります。
②その溝に種をまいていきます。播く間隔はタネの大きさや移植時の苗の大きさに応じて決めます。
③タネまきが終わったら、その上に土を均一にかけていきます。土の厚さが均一でないと、発芽のタイミングがずれたり、移植の際の苗選びが難しくなります。

タネの種類によっては、ミゾを作らなくても種まきができるものがあります。
また、基本的にはタネは水分・温度条件が適正であれば、土をかけなくても発芽できます。

※タネの中には、光が当たると発芽しないもの(嫌光性)、光が当たらなければ発芽しないもの(好光性)があり、代表的な野菜の発芽条件を覚えておくと得策です。

タネまきの方法

(1)点まき
タネを一箇所に数粒ずつまくことを点まきといいます。点まきしたタネは発芽後、生育具合を見て間引きします。まく前にポットまきにするか、露地まきにするか決めておきます。

移植に弱い作物や、タネの大きな作物の場合には、点まきすることが一般的です。

また、普通は苗箱にタネまきする作物でも、外気温度がその作物の適温になったら、圃場に直ちに点まきすることがあります(ウリ科など)。

育苗時、移植に弱い作物は箱にまかず、直接ポットにまく方がよいこともあります。
また、ポットに点まき(複数粒)した場合は、間引きが必要となります。

(2)筋まき(条まき)

種を筋状にまくことを筋まき(条まき)といいます。
苗箱にまく場合は、普通筋まきをします。苗箱に筋まきして狭い範囲で発芽させることで、適温を維持しやすくなります。また、間引きをしながら生育させていく作物の場合は、通常圃場に筋まきをします。

筋まきは狭い範囲で多くの苗を育てることができ、バラまきよりも草取りや乾燥抑えを容易に行うことができます。
以下の筋まきの手順で行います

①角材のカドなどを利用して溝を掘ります。
②タネはできるだけ重ならないように等間隔でまいていきます。
③タネをまいた溝(谷)を埋めていくような感じで土をかぶせていきます。
※人参の場合は、土をかぶせ過ぎると発芽しにくくなります。
④ある程度体重をかけて、土に圧をかけていきます。これにより、水分が保持できるようになります。この作業を鎮圧といいます。鎮圧が強すぎると土が固まって発芽しにくくなり場合がありますので、注意が必要です。
⑤鎮圧してできた凹みに水を流し込むようにして、たっぷりと水をやります(通常はこの後、発芽するまでは水やりをしなくてもよいくらいに)。
※土の乾燥具合によっては,タネをまく前に溝にタップリと水をやってもよい。
サブコンテンツ

このページの先頭へ