野菜栽培基礎知識-種の播き方(直播き)

筋播き

畝に1~3条、ひと粒ずつ播いていきます。葉物などの間引きしながら収穫する野菜に向いています。

点播き

畝に1~3条、1点(厳密な点ではなく、ある範囲、例えばある直径をもった円内)に数粒(3~5粒)播いていく方法です。

マメ科やポット育苗する野菜に向いています。

野菜栽培基礎知識-種の好光性・嫌光性について

種には、光が当たっていた方が発芽しやすいもの、暗い方が発芽しやすいものがあります。
ほとんどの種子は、暗くても光が当たっていても関係なく発芽しますが、中にはどちらかの 性質が非常についものがあります。

暗い方を好む種子の場合は、土をしっかりかける、光を遮るものを敷きます。後者の場合は、発芽 直後に取り除きます。

光が当たっている方が発芽しやすい種子の場合には、ほんのわずか土をかける程度にします。または、 まったく土をかけなくてもかまいません。ただし、種子を指で押して種を土にめり込ませるようします。 これにより、種が水分を吸収しやすくなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ